アルパリUK社返済請求サイト、テスト運用開始、10万人以上の顧客が使用する見込み

by Forex Magnates at 2 March, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

rp_Alpari-logo-300x196-300x1961111.jpg スイスフラン・ショックにより多額の損失を被り撤退に追い込まれたアルパリUK社がKPMG社を特別管財人に指名してから1ヶ月以上が経過した。

 アルパリUK社の顧客は自分達の資金をいつ取り戻せるのかを知りたがっているが、同社資産の清算処理は現在進行中である。業界中がこの破綻したアルパリUK社に関心を寄せる中、KPMG社は顧客資産返済手続きの進捗を発表した。

 KPMG社の発表によると、アルパリUK社顧客向け請求ポータルサイトは2つのフェーズへと動き出すとの事である。

 第1フェーズであるテスト運用は26日に開始され、500人の顧客がこの請求ポータルサイトへアクセス可能となった。サイトが通常通り機能し、キャパシティにも問題がない事を確認したのち、KPMG社はアルパリUK社顧客の第1陣グループの同サイトを解放する予定である。同顧客らは請求内容を提出する事が出来、これらは英金融サービス補償機構による顧客資金返済を円滑にする。

 KPMG社はアルパリUK社顧客に、請求内容提出の順番は、資金の返済に一切影響を与えない事を明らかにした。

 KPMG社の予測によると、顧客から送信される請求件数は合計10万件を超えるという。下記はKPMG社によるアルパリUK社顧客向けのFAQをまとめた文書である。

アルパリUK社請求ポータルに関するFAQ

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.