ゲイン・キャピタル社、2014年第4四半期、収益過去最高に

by Forex Magnates at 27 February, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

GAIN Capital ゲイン・キャピタル社は2014年第4四半期の実績を発表した。収益は前年同四半期比37%増加の1兆1,470万ドルで四半期最高記録を出した。純利益は1,760万ドルで前年の3倍になった。

 2014年年間では、純収益は38%増加し3億6,950万ドル、リテール取引高は35%増加の2.4兆ドル、法人取引高は29%増加し5.1兆ドルであった。

 この好調な実績はマーケットからおおむね予想されており、アナリストの平均では今回発表された数値を超える予測がされていた。希薄化後一株当たり利益は0.41ドルで前年比273%増加。

 同社CEOのGlenn Stevens氏は発表の中で下記のコメントをした。
「当社は並外れた力強さを見せた第4四半期で2014年の幕を閉じました。当社ビジネスに対する顧客エンゲージメントを高め、取引高向上、新規顧客獲得の為に市場環境の改善に投資を行いました。
リテールOTC取引高と収益は両方共35%以上伸び、残高を有する口座の数も最高値となりました。また、コミッションベースのビジネスに焦点を当てる事で、コミッションベースの収益は前年と比較して30%伸びました」

リテールOTC部門

  • 2014年第4四半期収益は8,510万ドル、前年同四半期比39%増加
  • 2014年第4四半期取引高は7,306億ドル、前年同四半期の5,130億ドルから42%増加
  • 2014年年間収益は2億3,670万ドル、前年の2億510万ドルから15%増加
  • 2014年年間取引高は2.4兆ドル、前年の1.8兆ドルから35%増加

法人部門(GTXプラットフォームとSales Trader)

  • 2014年第4四半期収益は合計1,980万ドル、前年同四半期の1,770万ドルから11.8%増加
  • 2014年第4四半期取引高は1.2兆ドル、前年同四半期の1.1兆ドルから9%増加
  • 2014年年間収益は8,920万ドル、前年の3,860万ドルから大幅増加
  • 2014年年間取引高は5.1兆ドル、前年の4兆ドルから29%増加

先物取引部門

  • 2014年第4四半期収益は730万ドル、前年同四半期の530万ドルから37%増加
  • 2014年第4四半期日次平均取引量は30,446、前年同四半期の21,575から41%増加
  • 2014年年間収益は3,270万ドル、前年は2,210万ドル
  • 2014年年間日次平均取引量は27,131、前年は20,717

City Index社買収の詳細

 ゲイン・キャピタル社は今回の実績発表の中で、City Index社の買収が2015年3月12日の株主総会で承認される予定である事についても言及した。現在株主の承認、デューディリジェンス待ちであり、今年第2四半期には買収が完了するものと見込んでいる。また、買収により2年間で合計4,500-5,500万ドルの相乗効果を目指している事も述べた。

 2014年第4四半期のCity Index社の暫定結果は、UKのGAAP基準で純収益が4,330万ドルで前年同期の3,540万ドルから22%増加、調整後EBITDAは1,270万ドル、前年同期の730万ドルから74%増加した。

 取引高は合計2,709億ドルで、前年同期の2,130億ドルから27%増加した。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.