知名度は低いが伝説的な相場師が残した名言から学ぶ

by Forex Magnates at 26 February, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合
Vlad Gubernat

Vlad Gubernat氏

ゲスト寄稿:Vlad Gubernat氏
(ルーマニアのフルタイムトレーダー。自身のブログ『JLTrader』で彼の見解を綴っている。)

 バーナード・バルーク(Bernard Baruch)氏は20世紀前半に偉業を成し遂げたトレーダー兼投資家であった。彼と同時期のジェシー・リバモア(Jesse Livermore)氏ほど広く知られていないが、彼はマーケットについて多くの名言を残した。

 バーナード・バルーク氏についての本(Bernard M. Baruch: The Adventures of a Wall Street LegendとBaruch: My Own Story )から、覚えておく価値があると思う格言を下記にまとめた。

BARUCH,_BERNARD_2『他人の助言に従うと資金を失うだろう、成功する投機家にとっての課題は、事実に取り組む人々の温かい気持ちよりも冷厳な事実をどのように解くかである。自立と自らの考えを実行する事は必須である』

『早期の損切は必要不可欠である。投機家が全体の半分で正しい判断をしていれば良い平均を出す事が出来る。間違った方向にいった時に素早く損切りするセンスがあれば、10回中3-4回正しいだけでも幸運をもたらす』

『誰一人、一貫して天井値と底値をつかむ事はできない。天井値で買い、底値で売ろうとしない事。それができるのは嘘つきだけである』

『マーケットで素早く対応する事は重要である。成功している投機家は未来を観測し、事が起こる前に行動するタイプである』

『バルークは一人でトレードをし、取引やポジションについて黙っている事がベストである事を見い出した』

『柔軟でいる事、売りより買いに偏らないようにする事が重要である』

『トレーダーは一つの事に集中する事がベストである。誰も多くの事に対して専門家にはなれない。つまり、取引を多様化するよりも2-3種の株を保有し注意深くそれらを見る方がよい』

baruch book『なぜ損をしたのか、なぜ利益が出せたのかを知る為に過去の取引を分析する事は重要である』

『重要な事は今市場がどうなっているかであり、市場がこうあるべきだと考える事ではない』

『保有している株を心配して夜目覚めてしまうなら、その株を売って寝るべきである』

『トレーディングや投資で本当に成功するには時間と専心が必要である。しかし大半の人々はマーケットの事を、わずかな努力ですぐ大金持ちになれる奇跡が起こる場所と見なしている』

『“Speculator(投機家・相場師)”の語源はラテン語の“speculari”である。これは観察や調査という意味である。投機家として成功する為には1.事実を入手する事、2.それらの事実が何の前触れなのかを判断する事、3.手遅れになる前に行動する事の3点が必要である』

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.