『瞑想』のススメ:トレーディングにもらたす驚異的なメリット

by Forex Magnates at 25 February, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合
Chris Capre

Chris Capre氏

ゲスト寄稿:Chris Capre氏
Chris Capre氏は、FX取引の教育リソースを提供する2ndSkiesForex.com社のCEO兼ヘッドトレーダーである。仏教徒、トレーダー、そして博愛主義者である彼は、20年に渡る神経科学の研究、45,000時間のチャート研究、5,000回以上のライブ取引、6,000時間以上に及ぶ瞑想に基づき、取引に対する独自の見解を示している。

 どこから見ても、トレーディングは精神力の訓練である。鋭く、注意深いマインドがマーケットにおいて最高の強みとなる。

 15年以上の取引経験の中で、5,000回以上のライブ取引と6,000時間の瞑想を行ってきた私は、瞑想がない取引キャリアや人生を想像できない。

 トレーディングにおける精神的な鋭さを手に入れるために、なぜ瞑想が必要なのかについて以下に8つの理由を説明する。

1.精神的健康を増進させる

medidation 取引は精神的、肉体的にもストレスがかかるものである。攻撃・逃避反応の引き金となる感情は、実際に精神力と健康を妨げるホルモンや精神の状態を作り出す。

 ウェーク・バプティスト・メディカル・センターのFadel Zeidan氏は、マインドフルな瞑想とそれらが脳やメンタルヘルスにどのように影響するのかについて実験を行った。

 この研究により、一日わずか数分の瞑想により不安レベルが39%軽減した。さらに不安を司る前頭前野腹内側部と思考や感情を穏やかにする前帯状皮質の活動が活発になった事も示された。

 瞑想をする事でこれらの部位が大きな刺激を受け、不安を大幅に軽減する結果となった。簡単に言うと、瞑想はメンタルヘルスを向上させるのだ。

2.精神的退化を防ぐ

 脳が年を取るにつれ、神経細胞の細胞体が存在している灰白質も失われていく。20代半ばから、脳の容量と重さは減少し始め、精神的機能も衰えていく。

 UCLAのFlorian Kurth博士の最近の研究によると、瞑想をする人々は灰白質の損失を大幅に減少させている事が明らかになった。Kurth博士は、瞑想が脳全体に大きな効果をもたらすというこの研究結果に驚きを見せた。

3.脳の物理的構造をより良い方向に変化させる

 同じくUCLAのEileen Luders教授の研究では、瞑想をする人は脳領域間により強い接続を持っている事が分かった。この強い接続により、脳の各領域間における電子信号をより早く送る事が出来る。

 脳の配線をし直したいのであれば瞑想をするべきである。

4.8週間で脳を変化させ、意識レベルを向上させる

 ハーバード大学の研究では、瞑想経験のない人々は大脳皮質の厚くなった部分が注意力だけではなく感情の調和にも影響を与えると示された。

 瞑想を開始してから8週間後、灰白質が大幅に増大し、特に自己認識に関係する海馬に顕著な結果が現れた。

 また、ストレスや不安といった感情を処理する扁桃体の灰白質の比重が減っており、不安やストレスの軽減へと繋がった。

5.トップヘッジファンドマネージャーや大手銀行も取り入れている

 ゴールドマン・サックス社が瞑想インストラクターのElizabeth Sudler氏を雇い、同社のトレーダーや従業員達に瞑想方法を教えている事をご存じだろうか?このインストラクターは人気であるため何百人もの人々が順番待ちをしている。

 また、世界最大規模のヘッジファンドを運営するRay Dalio氏は瞑想歴42年である。金融取引界トップの一部は瞑想を行っている。これはただの偶然だと言えるだろうか。

6.遺伝子を向上させる

 ウィスコンシン州大学では瞑想家とそうでない人々を研究し、瞑想をすると両グループ共に遺伝子調整構造の変化や炎症誘発性遺伝子の減少(ストレスのかかる状況からの迅速な回復を助ける)等の遺伝子的変化が現れるという結果が出た。

7.脳のアルファ派を活発にさせる

 ブラウン大学の研究では、マインドフルな瞑想技術を身に着けた人々はアルファ派をより速く多く出す事が出来る事が分かった。

アルファ派のメリットは不必要な感覚的データを取り除く手助けをする事である。これによりより物事に集中する事が出来る。

8.ネガティブな感情を減らし幸福感を増やす

 「世界で最も幸せな人」と言われるチベット仏教僧のマチュー・リシャール氏は、科学者によって彼の脳と長期に渡る瞑想習慣について研究された。

 この研究により、彼の脳にある上昇インパルスはとてつもない数値を示し、これと共にガンマ波(注意、学習、記憶、意識)が生み出されていた。これはそれまで神経科学では報告された事例がなかった。

 MRIスキャンでは、彼や10,000時間以上の瞑想家達はネガティブな思考を低下させ膨大なポジティブ感情を持っている事が分かった。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.