FX・CFDブローカーを魅了する世界の金融センター『ロンドン』、その魅力や立ちはだかる問題

2870407371_329018d80e_z 世界で最も流動性のある金融アセットクラスFXは、通貨取引で世界最大の中心地であるロンドンと共に、脅威を与えている地政学的状況にも関わらず、好調な実績を示し続けている。市場参加者はグローバルビジネスを成長させるにあたり、ロンドンのロケーション、タイムゾーン、豊かな人材を高く評価している。

 ドッド・フランク法の下、米規制を革新させるきっかけとなった2008年の金融危機後、レバレッジを効かせた通貨取引がロンドンに集まるようになった。その結果、ゲイン・キャピタル社やFXCM社等の主要プレイヤー達が、国内業者を通して大西洋沿岸国にビジネスを拡大した。これにより、FX取引高でロンドンが占めていた40%のシェアを増大させた。

Piyush Parekh

Piyush Parekh氏

 そして、シドニー、東京、ジャカルタ、ドバイ等の確立された他の金融センターのブローカーもUK市場に進出するようになった。

 FXブローカー、VIBHS社のPiyush Parekh氏はフォレックス・マグネイトに対し、ロンドンに拡大した理由について「ロンドンは常に当社の計画に含まれていました。当社はアジア市場で優勢なブローカーであり、UKでオペレーションを拡大する事でグローバル化が進み、新たな見込顧客や問い合わせ等の成果を既に目にしています」と説明した。

適格なリソース
Mushegh Tovmasyan

Mushegh Tovmasyan氏

 ロンドンはFXとCFD取引にとって最高の中心地であり、カナダ、オーストラリア、シンガポール、南アフリカ、ドイツ等で確立されている投資商品の規制フレームワークのパイオニアである。

 さらに、顧客資金の関する規制改定等の英当局の取り組みは同セクターにおける優位性保護へと繋がっている。統制と才能がロンドン市場の重要な要素である。リクイディティ―&テクノロジーソリューションプロバイダーのDivisa Capital社CEOのMushegh Tovmasyan氏はフォレックス・マグネイトとのインタビューで「私達は3大陸での展開を通して、ロンドンの知識と専門性のレベルが、当社がここでビジネスを行っている理由です」と説明した。

最も流動性のあるFXセンター

 イギリスは通貨取引にとって最も流動性のある地域で、日々の取引の40%を占めている。2016年の調査報告ではこの割合が43-45%まで増加する事が予測されている。

 2014年10月に発表されあBoEの半年毎の調査では、UKの総取引高が急増している事が示された。10月日次平均FX取引高は2兆6,670億ドルであり、2014年4月の調査から11%増加、前年比では19%増加した。これは調査開始以来、最高の取引高で、その他大半の取引商品の取引高も新記録を樹立した。

 全FXの取引高増加が見られ、FXスポット取引は40%増加し日次平均取引高は1兆1,100億ドルであった。一方FXスワップ取引の取引高は2014年4月調査から14%減少した。

 EUR/USD取引はFXトレーダーから人気を集め続けており、取引高は18%増加し日次取引高は8,050億ドルの最高値を記録、USD/JPYは2014年4月から23%増加し日次4,300億ドル、2013年4月比では下回る結果であった。

fx-global-market-share

規制フレームワークの強化
Baroness Joanna Shields

Baroness Joanna Shields氏

 ロンドンがビジネスの場として魅力的である一方、FX・CFD規制における世界のパイオニアであるといロンドンの名声を悪用する被害も発生している。多くの業者のロゴ、ブランド、認可番号等を模倣したUK企業と偽るクローンウェブサイトが出現している。これらの未認可の事業体は大抵海外業者である。英FCAはこれらの業者について同局のウェブサイト上で通知し、警告を発している。

 また、UKはLiborレート不正のスキャンダルにも見舞われ、金融規制が十分整備されているロケーションという評判にも傷がついた。しかし、規制当局らは関連機関を協力して監督を行い、ロンドン市場の安定性をもたらしている。

 ロンドンは金融界からだけではなく、テクノロジー界からも注目を集めている。London & Partners社のチーフエグゼクティブであるGordon Innes氏は「世界の主要金融センターとして、ロンドンとニューヨークはテクノロジー、特に金融テクノロジーにおいても開発の先頭に立っています」と語る。

 英首相のデジタル経済アドバイザー兼、Tech City UK社議長のBaroness Joanna Shields氏は声明の中で「グローバル化を目指すテクノロジー業者にとってUKより優れた国は世界中どこにもありません。既にBox社等多くの業者が、当社のしっかりした資本、最先端のインフラ、ワールドクラスの人材から恩恵を受けています。私達のデジタル経済は、急速に成長するテクノロジー企業がグローバル規模で成功する手助けをする最適な条件を提供しています」とコメントした。

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.