JPモルガン社に続き、ドイツ銀行も英上場ブローカーPlus500社株式追加取得

by Forex Magnates at 23 February, 2015 カテゴリ: その他 | 世界FX取引業者動向 | 海外その他 | 海外業者 | 海外総合

rp_deutsche-bank-150x150.jpg 大手投資銀行のドイツ銀行は、英上場ブローカーディーラーのPlus500社株の持ち株比率を5.38%から7.23%に増やした事を発表した。この動きは、先月のスイスフラン・ショックにより打撃を受けていたリテールブローキング部門の救いとなった。

 ドイツ銀行はJPモルガン社に続き、Plus500社の株主として第2位の主要グローバル銀行となった。成長するCFDプロバイダーのPlus500社は、スイスフラン・ショックによる重大な影響はないと発表している。

 ドイツ銀行はPlus500社株を6,183,975株から8,308,420株に増やし持ち株比率が5.38%から7.23%になった。Odey Asset Management社、Investec社、Newton Asset Management社、Old Mutual Global Investors社等、多くの大手法人アセットマネージメント業者がPlus500社の株主であり、Plus500社のウェブサイトによるとOdey Asset management社の持株比率は昨年7月31日時点で12.91%である。

Gal Haber, CEO, Plus500

Plus500社CEO
Gal Haber氏

 Plus500社はロンドンAIM市場に上場して以来、利益が前年比で増加を示している。2013年は収益が1億1,500万ドルに達し、純利益は5,060万ドルであった。Plus500社は多様な金融商品を提供し、自社テクノロジーや広範なアフィリエイトパートナーを開拓した。2014年上半期のプレゼンテーションで、同社は新たな地域開発を行う意向を示した。

投資家向け広報活動

 Plus500社はUKのブローカーディーラー界では比較的新しい業者である。同社はウェブサイト上で同社の歴史やバックグラウンドについて詳細を開示している。

 同社は株主との強固な関係維持について以下のように述べている。
「当社は法人ならびに個人投資家の参加を奨励しています。CEOのGal HaberとVPビジネス・デベロップメントのElad Even-Chenは、法人投資家と定期的に会合を開いています。個人投資家とは、年次総会と年次および中間報告を通してコミュニケーションを図っています。」

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.