アルパリジャパン社、3月13日でMT4・アルパリダイレクトの提供停止

by Forex Magnates at 23 February, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

rp_Alpari-logo-300x196-300x1961.jpg 破綻したアルパリUK社の子会社であるアルパリジャパン社は今日、MT4並びにアルパリダイレクトの提供停止に伴い、3月13日(金)までに確定申告時の書類となる「年間取引報告書」を取得する必要がある旨を通知した。

 残りあと約3週間で同サーバーへのアクセスができなくなるため、昨年度(2014年1月1日~12月31日)及び本年度(2015年1月1日~1月16日)まで同社で取引した全顧客に対し「年間取引報告書」を予め取得するよう呼びかけている。この取引報告書は、トレーダーはマネーマネージャーが実績を分析する為に活用されるだけではなく、税務署への確定申告の際にも必要とされている。

 この発表内容の最後には『アルパリジャパンの今後については、現在まだ一切決定しておりません。』と記載されており、買収の可能性がまだある事を示していた以前の声明内容とは異なる展開を示唆しているように思われる。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.