CLSグループ1月実績:スイスフランショック後の20日に新記録樹立、99.5%が45分以内に精算

by Forex Magnates at 19 February, 2015 カテゴリ: FX取引サービス | 海外FX取引サービス | 海外総合

CLS CLSグループは、1月の実績を発表した。2015年1月は、精算のアグリゲーションサービスを合わせて、CLSに提出された日次平均取引量は1,419,369に及び、前月比で16%増加した。

 さらに、CLSに提出された日次平均取引高は5.31兆ドルで、前月比9%の伸びを見せた。

 先月同社は精算およびアグリゲーションされた取引の12月と2014年年間の取引高を発表した。12月、CLSに提出された日次平均インストラクション量は1,223,109で、マッチされたインストラクションは4.87兆ドルであった。

 同社CEOのDavid Puth氏は声明の中で「1月の通貨取引アクティビティは明らかに増加しています。スイス国立銀行による対ユーロのスイスフラン上限撤廃と、その影響による取引の活性化で、CLSに提出された日次平均取引は16%増加しました。
また、CLSは1月に精算取引高で新記録を打ち出しました。スイス国立銀行の発表後の1月20日、226万(9.2兆ドル)のトランザクションを記録し、この内99.5%が45分以内に精算されました。
多くの主要新興経済国で様々な金融政策が実施されている事から、当社は2015年も通貨市場のボラティリティとアクティビティの増大が続くと見込んでいます」と述べた。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.