アルパリ社、メタトレーダー5終了予定を撤回、ルーブル通貨ペアの桁数変更も

rp_Alpari-logo-300x196-300x1961111-150x150.jpg アルパリ社は2月上旬にメタトレーダー5の終了予定を発表したが、同社ウェブサイトの最新発表内容によると、多くの顧客がメタトレーダー5を使用している事からこの計画を撤回した。

 2012年、アルパリ社は大手ブローカーとして初めてメタトレーダー5プラットフォームを導入した。現在メタトレーダー5はデモ口座のみで使用可能であるが、今年3月1日をもってMT5デモ口座を終了する事が先日発表された。

 アルパリ社スポークスパーソンは今月初めフォレックス・マグネイトに対し、ロシア・CIS諸国の顧客でMT5プラットフォーム(デモ口座)を使用していたのは1%以下であると伝えた。

 メタトレーダー5のデモ口座廃止予定の発表を受け、同社には顧客から多くの反響が殺到した。これにより、同社はメタトレーダー5デモ口座のサポートを継続する決定に至った。

 さらに、2月16日月曜日からUSD/RUBとEUR/RUBの小数点以下の桁数を5桁から3桁に変更する事も発表した。

 ミンクスで行われたメルケル独首相とフランソワ・オランド仏大統領のロシア・ウクライナ問題を巡る協議後、ロシアルーブルは多少安定性を見せた。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.