独占記事:ボストン・テクノロジーズ関連会社のBT Prime社とBoston Prime社の従業員解雇、当局は顧客資金不足を認識

boston_technologies_forexware フォレックス・マグネイトが関係者筋から得た情報によると、ForexWare社傘下のボストン・テクノロジーズ社は多数の従業員を解雇したという。解雇された従業員の大半はBoston Prime社とBT Prime社のオペレーションに関連していた者だそうだ。

 ボストン・テクノロジーズ社は従業員解雇についてコメントを控えた。

 フォレックス・マグネイト記者は、Boston Prime社とBT Prime社に預けられている顧客資金がかなり不足しているという情報を入手した。業界に流布しているこの顧客資金不足の噂は、各金融規制当局がこの状況を認識しているという情報により裏付けされている。

 ボストン・テクノロジーズ社のスポークスパーソンはフォレックス・マグネイトに「ボストン・テクノロジーズはBT PrimeとBoston Primeの所有者でもプリンシパルでもないので代理でコメントを述べる事が出来かねます。管財人が配置されていますので、BT PrimeとBoston Primeに関する質問やコメントは担当管財人に伝えられます」と伝えた。

 Boston Prime社とBT Prime社の現ディレクターであるGeorge Popescu氏は、詳細については数日以内に発表されると述べそれ以外のコメントは控えた。

 複数の情報筋がフォレックス・マグネイト記者に伝えるところによると、FXDD社はBoston Prime社とBT Prime社の単独リクイディティプロバイダーであるというが、この確証は得られていない。ボストン・テクノロジーズ社はこれについてもコメントを控えた。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.