ボストン・テクノロジーズ社のBT Prime社破綻を受け、余儀なくオペレーション停止するブローカー

fxsalt_logo_square 先月15日に行われたスイス国立銀行の発表が引き起こした衝撃は業界全体に広がり続けている。ポーランド市場に特化している小規模ブローカーのFXSalt社は、全ての取引サービスが利用できなくなった事をウェブサイト上で発表した。

 その発表の中で、同社は同社の提携企業が破産手続きに入ったという通知を受けオペレーションを一時停止中であると述べた。調査の結果、フォレックス・マグネイト記者はその提携企業がBT Prime社である事を確認した。BT Prime社は先週、Boston Prime社と共に破産保護申請をした業者である。

 FX Salt社は、BT Prime社クライアントの一社であり、英領バージン諸島に登録している企業である。FX Salt社は何か情報が入り次第発表すると述べた。

Boston Prime社、Rollings Oliver社の特別管理下に

 フォレックス・マグネイト記者が入手した情報によると、Boston Prime社は破産管理人を務めるロンドンのRollings Oliver社の特別管理下に置かれたという。

 Boston Prime社クライアントは、今後の対応詳細についてRollings Oliver社に連絡を取るよう伝えられた。

 スイスフラン・ショックは、ニュージーランドのExcel Markets社、そして英FCAの規制を受けるアルパリUK社やLQD Markets社等多くの業者を破綻に追い込んだ。

 このスイスフラン・ショックで発生した損失は10億ドル以上と推定されており、数多くのトレーダーが資金を失い、FXCM社はLeucadia National社から緊急財政支援を受ける事となった。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.