マネックスグループ、1月実績発表、グローバルFX取引前月比5.4%落ち込む

by Forex Magnates at 5 February, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

monex-logo マネックスグループは、2015年1月の月次概況を発表した。マネックス証券の店頭FX取引は2ヶ月連続の落ち込みを見せた。

 マネックスグループのグローバルFX取引金額は510億ドルで、前月比5.4%減少したが、これは営業日数が前月より2日少ない事が起因したと言える。2014年の11月をピークに取引金額は減少トレンドを辿っている。

 1月の店頭FX稼働口座数は63,139口座で、前月からわずかに0.14%増加した。また、日次平均取引金額は250,658百万円で前月比1.4%減少した。この原因も営業日の少なさが一部影響しているのであろう。

 一方、グローバルDARTs(1営業日当たりの収益を伴う約定もしくは取引の件数)は、359,501件で前月から6.7%増かした。しかしマネックス証券のDARTsは前月比0.4%減少し213,940件であった。

 米子会社のTradeStation社のDARTsは前月から19%増加する顕著な結果となった。

monexjan2015

monex_tradestation_201501

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.