スイスフラン・ショックの恩恵、米インタラクティブ・ブローカーズ社1月実績発表

by Forex Magnates at 3 February, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

rp_interactive-150x150.jpg 世界の金融市場に打撃を与えたスイス国立銀行による対ユーロのスイスフラン上限撤廃は、米マルチアセットブローカー、インタラクティブ・ブローカーズ社に恩恵をもたらした。同社が発表した1月の電子ブローキングとマーケットメイキングの実績では顕著な結果が見られた。

 DARTsと顧客数は前月比、前年比共に増加、顧客マージン・ローン残高と顧客クレジットバランスはどちらも前月比3%減少した。これらの結果から、トレーダーの行動と市場のボラティリティの相関関係が示される。

 スイスフラン・ショックにより同社は1億2,000万ドルの顧客損失を報告している。

 インタラクティブ・ブローカーズ社は先物商品部門の平均手数料収益(米ドル換算)は最も高く6.7ドルであった。また、同商品の平均注文サイズは3.8枚であった。株式の平均手数料は2.52ドル、エクイティオプションは6.02ドルであり、先物商品が全手数料の平均値を4.27ドルに押し上げた。

1月実績ハイライト

  • DARTs(収益を伴う約定もしくは取引の1日あたり件数)は676,000件、前月比15%増加、前年同月比16%増加。
  • 顧客残高は566億ドル、前月比横ばい、前年同月比24%増加。
  • 取引総口座数は284,900口座、前月比1%増加、前年同月比17%増加。
  • 顧客マージン・ローン残高は164億ドル、前月比3%減少、前年同月比18%増加。
  • 顧客クレジットバランスは305億ドル、前月比3%減少、前年同月比19%増加。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.