テクノロジープロバイダー達が、ボストン・テクノロジーズ社のBT Prime、Boston Prime顧客争奪戦を開始

panda_ts_logo スイスフラン・ショックにより損失を被ったボストン・テクノロジーズ社のBT Prime社とBoston Prime社が破産手続きを行ったというニュースを受け、同社顧客を獲得しようと競合達が集まってきた。

 プライムブローカーサービスを提供するBT Prime社とBoston Prime社は、英FCAライセンスとベリーズのライセンスを有し、小中規模のFX・CFDブローカー達にリクイディティサービスを提供していた。ブローカー取引テクノロジーは昨年Forexware社に買収されたボストン・テクノロジーズ社を通して利用できた。さらに、業者はサードパーティーテクノロジーを展開しBT社のリクイディティに接続する事が可能であった。

 BT Prime社とBoston Prime社での取引が利用できなくなった為、顧客はテクノロジーやリクイディティのニーズを供給できる代替えを探すよう通知された。その結果、伝えられるところによれば競合業者は自社サービスの導入スピードに関する問い合わせと共に、需要の急増を目にしているそうだ。

Panda TS社

 元BT社顧客に早急なソリューションを提供する為に、Panda TS社は『無料週末乗り換え』を発表した。その名の通り、Panda TS社は3月15日から、テクノロジーサービスを必要をしている元BT社顧客に無料の移行サービスを提供する予定である。

 Panda TS社は発表の中で「BT社ブローカーがビジネスへの影響を最小限に抑えつつ、オペレーションをスムーズに継続する為の迅速な移行について、多くの需要を受けた事がこのプログラムを提供するきっかけとなりました。」と述べた。同社は新規顧客に対し、技術的移行作業等を担当する特別チームを設置したという。

 Panda TS社CEOのSamuel Gutman氏は、この移行サービスについて「長年に渡る当社の経験を通し、この移行プロセスを最適化してきました。当社は専用ツール一式を構築し、全システムが1週末にスムーズに完全移行出来るようになりました。そして、エンドユーザーは週明けに、前口座の全取引履歴や建玉等全てが完全に移行された新しい取引口座を受け取れます」とコメントした。

APIFX社

 また、テクノロジープロバイダー乗り換えでBT社ブローカー顧客にインセンティブを提供する業者も現れた。Archer Consultants社のテクノロジーブランドであるAPIFX社は、BT社顧客向けに『特別乗り換えサービス』を売り込みはじめた。Archer Consultants社CEOのLior Shmuely氏によると、同社はBT社からの新規顧客に割引価格でサービスを提供するという。

 同社が提供するサービスにはリクイディティサービス、取引テクノロジー、CRM、支払いソリューションが含まれる。こちらもPanda TS社と同様に1週末で完了する移行作業だそうだ。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.