マネックスグループのTradeStation社、INVeSHARE社の株主コミュニケーション・ソリューション導入

by Forex Magnates at 30 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

tradestation_logo マネックスグループのTradeStation社はINVeSHARE社の適格株主コミュニケーション名簿に追加された。

 昨年、TradeStation社は、プロおよび富裕層顧客をターゲットにした新しいFX商品を発表している。これには、スマート・オーダー・ルーティング、コロケーション、ウェブAPI統合、FIX API統合等が含まれる。

 ニューヨークを拠点とするINVeSHARE社は、コンプライアンス対応書類や電子配信ソリューションに特化した業者で、様々なクライアントが高度なブローカーのインターネットプラットフォーム(Enhanced Brokers’ Internet Platform:EBIP)要件を満たせるよう支援している。

 TradeStation社のグローバルエクイティ・先物のVPであるNick LaMaina氏はこの提携について声明で「INVeSHARE社は素晴らしいソリューション、高い経済的恩恵、質の高いカスタマーサービスを提供しているため、INVeSHAREへの切り替えについて容易に決断を下す事ができました」と述べた。

 INVeSHARE社会長兼CEOのDavidi Gilo氏は「当社はTradeStation社をクライアントとして迎えられた事を嬉しく思います。最先端テクノロジー提供における当社の専門技術は、TradeStation社の目標である株主コミュニケーションの向上と配分の完全なる透明性確保を、コストを削減しながら達成できるよう後押しします」と加えた。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.