スイスフラン大暴騰の恩恵、JPモルガン2.5-3億ドルの利益

by Forex Magnates at 28 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

jpmorgan スイス国立銀行の発表が引き起こした15日のスイスフラン大暴騰により、多くの銀行や企業が打撃を受ける中、JPMモルガン・チェース社は2億5,000万―3億ドルの利益を上げたという。

 スイスフラン騒動の結果、FXは常に勝者と敗者がはっきり分かれるゼロサムゲームであるという事が示された。多くのリテールブローカーはスイスフランのボラティリティ急増の打撃に耐えたが、シティグループ、ドイツ銀行、バークレイズは累計で約4億ドルのトレーディング損失を出した。

 ブルームバーグが報じるところによると、同社のFXトレーダーは15日、2億5,000万―3億ドルの利益を出した。EUR/CHFとUSD/CHFの大変動で、大手法人銀行、リテール顧客、トレーダーは様々な成功や惨劇を見せている。

 他社と異なり、JPモルガンは15日に全ての注文が1ユーロ=1.02フランで執行すると顧客に伝えた。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.