GMOクリックホールディングス、2015年3月期Q3四半期純利益40.2%増加

by Forex Magnates at 28 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

GMO_Click_logo GMOクリックホールディングスは、2015年3月期第3四半期決算を発表した。営業収益は17,436百万円で、前年同期の15,902百万円から9.6%増加した。四半期純利益は3,622百万円で前年同期の2,583百万円から40.2%増加した。

 総資産は前年同期から14.2%増加し403,408百万円であった。純資産は微増で19,784百万円。純資産の増加にも関わらず自己資本比率は前年同期の5.3%から4.7%に下落した。

 同社は、主要事業であるインターネット証券事業において「現物取引手数料無料キャンペーン」「信用取引手数料無料キャンペーン」、FX事業においては、「新規口座開設キャッシュバックキャンペーン」「食品プレゼントキャンペーン」などの各種キャンペーン実施が功を奏し口座基盤、収益、利益の拡大に繋がったとコメントした。

 同期間は日本円のボラティリティが増大した事もあり、日本のFX業界は2013年第2四半期以降最も取引が活発であった。GMOクリック証券もFX取引高が最高記録を更新し、昨年10月から12月まで3ヵ月連続で100兆円超えを記録した。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.