スイスフラン急騰に対する各当局の動き:キプロスCySEC、顧客資産の評価を要求

cysec-logo1 先週のスイス国立銀行によって引き起こされた騒動の余波は続き、キプロス証券取引委員会は、キプロス投資業者(CIF)にアセスメントを求めた。

 このスイスフランショックは、業界大手の業者でさえ免疫がなく影響を受けた。アルパリUK社やFXCM社もその一部で、FXCM社はLeucadia National社によって劇的に救済された。

 スイスフランのボラティリティによって生じる投資家の問題や壊滅的な影響を回避する為に、CySECは全キプロス投資業者に対し、1月20日火曜日までに顧客資産が危険にさらされているかや、ビジネス、リクイディティ、資金が影響を受けていないか等について報告するよう要求した。

 CySECの声明によると、全てのキプロス投資業者は以下について至急情報を提出する事を義務付けられている。

  • 推定される影響に関する詳細分析
  • 推定される金銭的な影響
  • 影響を取り除き、状況を改善する為に講じられる策や対応

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.