速報:FXCM社、アルパリUK社を買収か?

by Forex Magnates at 19 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

fxcm logo フォレックス・マグネイトは、本件に近しい情報筋から得た情報によると、スイスフランショックによる窮地を脱したFXCM社が、アルパリUK社の潜在的買い手として浮上した。

 FXCM社自体は、先週金曜日にスイスフラン相場急変でマイナス2億2,500万ドルの顧客残高に直面し資金調達をしなければならなかった。その後、同社はLeucadia National社から3億ドルの財政支援を受け、損失分を償えただけではなく、ビジネスを拡大する事まで可能となった。

 これは、同社CEO、Drew Niv氏の素晴らしい策略であり、同社トレーダーと投資家の両方に、営業が継続している事だけではなく積極的に拡大のチャンスを活用する意向を示している。

 このような交渉は機密性があるため、アルパリUK社もFXCM社も本件に対し正式に認めていないが、フォレックス・マグネイトは何か情報が公式に発表され次第本サイトで更新する予定である。

 事実上、この週末で全てのブローカーがスイス中銀によるフロア撤廃に対する対応について更新情報をリリースした。損失に直面するブローカーもいれば、顧客に直接アプローチするマーケティング戦略を使ったり経営難に陥る業者の資産買収に関心を寄せる等して新ビジネス獲得を狙う業者もいる。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.