独占記事:間もなく売却か?アルパリUK社、顧客残高マイナス4,500万ドル

by Forex Magnates at 19 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

Alpari logo 先週15日にスイス国立銀行(SNB)がユーロ/スイスフランの上限撤廃したことにより、スイスフラン関連の相場が急変した。この打撃を受け、16日付けでアルパリUK社は破綻を発表し業界を驚かせた。しかし、翌17日にはまだ正式な破綻手続きは行っていないと通知した。

 フォレックス・マグネイトは、現在アルパリUK社が多くの潜在的買手との交渉を慌ただしく進めており、売却は数日以内に売却の発表がされる予定であるという情報を得た。

 また、顧客資産が約1億ドルと推定される中、アルパリUK社が肩代わりしている顧客残高は約マイナス4,500万ドルに及ぶ事も明らかになった。マイナス分の内訳は2,000‐2,500万ドルが債務、約1,500万―2,500万ドルが自己資本要件における不足である。

 潜在的買手の詳細情報は開示されていないが、多くのブローカーが破綻した競合を買収できるこの機会を活用しようとしている。

 事実上、この週末で全てのブローカーがスイス中銀によるフロア撤廃に対する対応について更新情報をリリースした。損失に直面するブローカーもいれば、顧客に直接アプローチするマーケティング戦略を使ったり、経営難に陥る業者の資産買収に関心を寄せる等して新ビジネス獲得を狙う業者もいる。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.