マネックスグループ、スイスフランショックによる顧客残高マイナス約130万ドル

by Forex Magnates at 19 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 マネックスグループは、先週木曜日のスイスフランショックの影響による損失を発表した。

 同グループの発表によると、TradeStation Group, Inc.傘下のFX会社(IBFX, Inc.およびIBFX Australia Pty Ltd.)ならびにマネックス証券株式会社においてFX取引顧客に対する未収金が発生した。同グループの連結資本合計は2014年9月末において802億円であり、2015年1月16日現在の未収金残高はその約0.2%(ドル円=117の場合、約137万ドル)に相当する。

 マネックスグループは、この未収金が同グループの連結業績および財政状態、ならびに今後の事業に与える影響は軽微であると判断している。

 このスイスフランショックの影響はブローカーによって様々であるが、アジア太平洋地域におけるスイスフラン通貨ペアの取引損失は、欧州・欧米トレーダーの取引よりもはるかに下回っている。東京金融取引所の統計では、スイスフラン/円の取引は、2014年の取引高全体のわすが0.43%しか占めていない。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.