ゲイン・キャピタル社とPlus500社、スイスフラン暴落による『重大な影響はなし』

by Forex Magnates at 16 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 IGグループが、スイスフランの暴落により最大3,000万ポンドの損失を受けているという発表をしたが、業界参加者達は他の上場会社からの正式な声明を待ち望んでいる。ゲイン・キャピタル社とPlus500社は両社とも株主宛てにステートメントを発行した。IGグループとは異なり、ゲイン・キャピタル社とPlus500社は、このスイスフラン暴落が同社らのビジネスに及ぼす重大な影響はないと述べた。

 Plus500社は「本件が当社の財務や取引ポジションに重大な影響を与えていない事を確認しました」と述べた。また、スイスフランリスクを効果的に管理した同社のリスク管理ポリシーとプロセスの堅牢性により、15日は実際同社にとって利益であったという。

 ゲイン・キャピタル社は「当社はこの度の事象が、当社の財務に重大な悪影響を起こしていないもの見込んでいます」とコメントした。同社は昨年9月にEUR/CHFの証拠金を引き上げており、これが結果的にスイスフランにおける同社のリスクを軽減させる事に繋がったのは特記すべき事項である。

 ゲイン・キャピタル社のこのコメントにも関わらず、株価を押し上げる事が出来ず、同社株価は8.32ドルに7%下落した。同様にPlus500社も608.15に4%下落した。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.