注目記事:ゲイン・キャピタル社法人GTX部門強化、元KCG Hotspotマネージングディレクターを迎え入れる

by Forex Magnates at 13 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

rp_gain_logo_square-300x300.png ゲイン・キャピタル社の発表によると、同社GTX部門のマネージングディレクター兼グローバルセールスヘッドにJohn Miesner氏が任命された。同氏は今年始めのKCG Hotspot社を去り、高く評価される専門知識を生かし、ゲイン・キャピタル社のグローバル法人FX事業に加わった。

 GTX社CEOのVincent Sangiovanni氏は声明の中で「John氏の業界経験と業界との深い関係性は、さらなるグローバル化と市場シェア拡大を目指している当社のグローバルセールス力を大幅に高めるでしょう」と述べた。

 昨年10月にGTX社の新マネージングディレクターに元KCG Hotspot社ディレクターのTom Marano氏が任命されており、今回の任命は、最近のチーム再編の動きの中で二人目の元KCG Hotspot社経営陣採用であった。また、今年はこの他にNicolas Ohlin氏とGraham Beale氏もGTX社に加わった。

 10月末に発表された四半期決算では、KCGホールディングスがKCG Hotspot社の戦略的オプションを検討しはじめ、株主への付加価値創出を目標としてい事を発表した。この発表後、KCG Hotspot社は3億での売却が噂されているが、これに関する新たな情報は特に公開されていない。

 John Miesner氏は今回の任命について「GTXは真に差別化されたECNテクノロジーを提供しており、過去数年で目覚ましい顧客数と取引高成長を収めています。私は次なる成長に向けGTXをサポートできる事を楽しみにしています」とコメントした。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.