ホリデーシーズンが影響し、サクソバンク12月取引高4%増加、しかし明るい兆しも

by Forex Magnates at 13 January, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

saxo_bank_logo 12月はクリスマスや年末年始の休暇で取引アクティビティが減り、ブローカーの取引高は通常低迷する。

 サクソバンクも例外ではなく、12月の取引高は2,870億ドルで前月比4%減少、日次平均取引高は125億ドルで16%の減少であった。

 また、前年同月比では22%増加したが、顧客預かり金額は減少を続けており、最高値を記録した11月の113.7億ドルから2%減少した。

 2014年前半は21年間で最低のFXのボラティリティが記録され、昨年は業界全体にとって厳しい年であった。2014年のサクソバンク年間取引高は前年比9%減少した。

 しかし、明るい兆しもある。それは顧客預かり金額で、前年比では38%増加し
111億ドルを記録した。

Saxo_Bank_Monthly_Volumes

サクソバンク月間取引高(ソース:Forex Magnates Research)

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.