世界大手ポータルFXStreet社、ボストン・テクノロジーズ社と提携、MT4顧客にニュース配信

boston_technologies_forexware 評判の高い、通貨デリバティブ市場のニュース・情報・分析プロバイダーであるFXStreet社は、米テクノロジープロバイダーと新しいパートナーシップを結び、配信ネットワークの強化を行った。

 Forexware社傘下のボストン・テクノロジーズ社は、FXStreet社と新たに契約を結び、Forexware社はメタトレーダー4顧客にFXStreet社のニュースサービスへのアクセスを提供する予定である。今回の提携は、完全なフロントバックシステムと機能をFXブローカーに提供するというボストン・テクノロジーズ社の目標達成を支援する。

 FXStreet社は、世界の金融市場のニュースを幅広く網羅しており、FXトレーダーから支持を得続けている。ボストン・テクノロジーズ社とFXStreet社の提携は、国際的な通貨取引の本質を強調している。

 FXStreet社は、通貨、インディケーター、中央銀行、株式、金、石油関連の重要トピックをカバーし、英語、中国語、日本語、ロシア語、アラビア語、ドイツ語、インドネシア語、スペイン語、トルコ語を含む複数の言語で、ニュースや分析を配信している。

 ボストン・テクノロジーズ社のワールドワイドセールスのバイスプレジデント、Natallia Hunik氏は本提携について声明の中で「私達は、当社ポートフォリオを強化し、クライアントに即座の影響をもたらす事の出来るパートナー・ソリューションを常に調査しています。FXStreet社のマルチ言語対応のニュース配信は、当社顧客から大きな共感を呼び、それぞれのビジネスに付加価値を与えるものであると確信しています」とコメントした。

carolina FXStreetは、世界有数のFXニュースポータルサイトで、トレーダーの取引決定に有益な多数のツールや、世界の金融市場に影響を与える最新イベント情報配信ツールも提供している。

 FXStreet社CEOのCarolina May氏(左写真)はプレスリリースの中で「当社の目標は、通貨の変動について正確でタイムリーなテクニカルとファンダメンタル情報を提供し、FXトレーダーの主要情報源となる事です。ボストン・テクノロジーズ社は業界のリーダ的存在として認識されており、今回の提携は両社にとって、適切な方向に向かう戦略的ステップであると思っています」と述べた。

 FXStreet社は2014年に、中国と香港の成長する電子取引市場に焦点を当て、アジアのm-FINANCE社と同様の提携をしている。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.