速報:モルガンスタンレー社社員、10%の顧客データを盗み漏えい

by Forex Magnates at 6 January, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

morganstanley 米モルガンスタンレー社は、ウエルスマネージメント部門の最大10%の顧客データを盗み、情報を漏えいさせた同社社員を解雇した事を明らかにした。この持ち出されたデータは、昨年12月27に日々の検査によって発見された。

 総顧客の10%の情報が盗まれたとされるが、モルガンスタンレー社は顧客に損失はないと繰り返し述べた。また、約900人の口座情報がオンライン上で掲載されていたという。

 同社のスポークスパーソンは、「モルガンスタンレーは極めて慎重に顧客データの保護に取り組んでいます。本件の調査に関し、関係当局と全面的に協力しています」と述べた。

 モルガンスタンレー社は、米国第2位のウエルスマネージャーであり、資産は8,145億ドルに及ぶ。この顧客情報の漏えい問題の影響がどのくらい続くかはまだ分からない。しかし、モルガンスタンレー社は、盗まれた情報に社会保障番号やパスワードは含まれていないと発表した。被害にあった顧客には新しい口座番号が発行された。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.