インヴァスト証券オーストラリア、ダイレクト・マーケット・アクセスCFDを開始

by Forex Magnates at 24 December, 2014 カテゴリ: その他 | 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 海外その他 | 海外業者 | 海外総合

Invast_Orange_Circle_RGB_1413246472 CFD取引で真のリクイディティを提供するリテールブローカーは数少ない。大半のFXブローカーは、マーケットメイカーとして機能しており、マーケットの価格に直接影響を与えないソリューションを顧客に提供している。

 ダイレクト・マーケット・アクセス(DMA)CFDは、株式取引所でのプライスと全く同じものを顧客に提供するよう構築されたものである。

 日系上場証券会社、インヴァスト証券のオーストラリア子会社は、このDMA CFD取引をオーストラリア投資家に提供開始する。同社はプラットフォームソリューションにIRESSTraderを採用し、これには多くの洗練されたリテールトレーダー向けのツールが搭載されている。

 このプラットフォームには市場の深さを測る事が出来るマーケット・モニタリング機能、数々の分析ツール、IRESSTraderとプライスをリンク出来るマイクロソフトエクセルのインターフェースを備えている。

 DMA CFD市場に日系ブローカーが参入したのは今回が初の試みであろう。同サービスはOTC FXのように従来のリクイディティプロバイダー・モデルを使用していない。顧客がプラットフォーム上で見れ、実行するリクイディティは取引所から直接来ているものである。

 インヴァスト オーストラリア社CEOのBrendan Gunn氏はフォレックス・マグネイトに対し「レベル2のデータが取引所から利用可能になれば、顧客はマーケットの深さを見る事が出来ますし、顧客の注文がそのままマーケットに反映される事を意味します」と語った。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.