アルパリ社、カナダ顧客受け入れ終了、カナダビジネス撤退へ

by Forex Magnates at 24 December, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外業者 | 海外総合

alpari logo アルパリ社は規制的逆風によってカナダから撤退、事実上同社のカナダビジネスは消失した事となる。

 北アメリカにおける強引な規制は同地域に打撃を与え、ブローカーディーラーの登録やその他法的義務により、多くのブローカーを即座に停止させた。

 FX市場は、より緩やかな規制を選択する多くのブローカーで溢れている。これにより、米国やニュージーランド等のように、ブローカーが現地に拡大しては撤退するという結果になっている。残念な事に、この現象はカナダにも拡大し、アルパリ社は新規顧客口座の受付を終了した。

 フォレックス・マグネイトが入手した情報によると、カナダ投資家はアルパリ社での口座開設が出来なくなったという。これは、アルパリ社がこのような規制上の課題に直面したのは初めての事ではなく、有名な例ではニュージーランド撤退が挙げられる。

 カナダの法律では、新規顧客を受け入れる業者はカナダでブローカーディーラーとして登録する必要があると規定されている。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.