マネックス、グローバル投資家サーベイを発表:米株価に強気、原油に弱気

by Forex Magnates at 19 December, 2014 カテゴリ: その他 | 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 海外その他 | 海外総合

monex-logo マネックスグループは、2014年11月下旬から12月1日にかけて実施された第15回「MONEX グローバル投資家サーベイ」の結果を発表した。グループ企業であるマネックス証券(日本)から961、トレードステーション証券(米国)から94、マネックスBOOM証券(香港)から374の個人投資家の回答が得られた。調査の結果、個人投資家の今後3ヵ月の世界の株式相場に対する見通しは強気であった。

 今後3ヵ月でどの通貨が最も上昇するか尋ねると、米国では約8割(前回調査時:6割)が、香港では約6割(前回調査時:4割)が米ドルと回答した。また、大半の個人トレーダーはFRBが2015年後半に金利引き上げを開始する事を予想している。

 3か国の投資家は総じて引き続き米株価への期待が高いが、香港の投資家は米株価への期待よるも日本を除くアジアへの期待が強かった。

 また、各地域の投資家は原油価格の先行きについてはやや弱気に傾きつつあることが分かった。

主な調査結果

monex_2014_11survey

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.