FX Primus社、11月顧客預かり資産が過去最高に、複数の新ソリューション発表間近

by Forex Magnates at 18 December, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

primus FX Primus社は、2014年11月の取引実績を17日発表した。モーリシャス島を拠点とする同社の発表によると、同月の顧客取引高は302.7億ドルで、前月比19%減少であった。9月の400.2億ドルから2ヵ月連続の減少であったが、前年11月と比較するとまだ30%以上上回っている。

 一方、11月の顧客預かり残高は過去最高の11,475,327ドルに達し前年比101%増加、新規入金口座は1,315口座で前年比111%増加であった。

 FX Primus社社長のTerry Thompson氏は11月の実績について下記のコメントをした:
「当社の11月FX取引高は堅実さを保っています。しかし11月後半の力強さにも関わらず、CFD取引高は勢いが衰えていました。競合他社の11月の結果を見てみても、全体的に取引高低下の傾向がある事が分かります。とりわけ、過去2ヵ月で劇的な取引高増加がありましたので、今回の減少については過度な心配はしておりません。これまで開拓されていない新市場への拡大を続けてきた結果、当社の預かり残高と新規入金口座数は好調です。」

 同氏はいくつかの重要な新しい開発がリリース間近である事をこう示した。「当社チームが懸命に取り組んできた複数のプロジェクトが今後数週間で完成する見込みです。これらはFX Primusブランドをさらに高めるでしょう。当社は顧客と見込顧客にワールドクラスの商品を提供する事を100%お約束しています。」このコメントからすると、FX Primus社を法人部門に拡大させるCMS UK社買収に関連しているものと考えられる。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.