初の規制ビットコイン取引所の誕生か?米CFTCがパブリックコメント求める

by Forex Magnates at 16 December, 2014 カテゴリ: FX取引サービス | その他 | 海外FX取引サービス | 海外その他 | 海外総合

cftc_logo 規制環境での仮想通貨取引の現実化が近づいてきた。米商品先物取引委員会(CFTC)は、ビットコイン・オプション取引を提供する初のデリバティブ取引所誕生の可能性においてパブリックコンサルテーションを発表した。米金融テクノロジー・スタートアップ業者であるLedgerX社の申請書について、金融プロフェッショナル達は当局から来年1月30日までに意見を出すよう求められている。この動きの背景には、ビットコインが代替支払いソリューションとして注目を集め続けている事がある。

 このCFTCのパブリックコメントを求める通知は、LedgerX社がSEFとデリバティブクリアリング機関としての申請をしてから2か月後の事であった。

 LedgerX社は規制業者のTeraExchangeに加わる予定だ。今年10月初めてTeraExchangeでビットコインデリバティブスワップ取引が行われ、同月にLedgerX社の申請書が提出された。TeraExchangeは9月にCFTCの承認を得て、ビットコイン取引へのアクセスと運営を行っている。

 本件に関して、LedgerX社はコメントを控えている。

 LedgerX社は、2013年12月に設立された。設立メンバーは、銀行、金融、テクノロジー界のプロフェッショナル達である。同社の申請は、元CFTCとGreen Exchangeの法律顧問であったKari Larsen氏によって指揮がとられている。

 Nadexは規制された取引所として初のビットコイン・バイナリーオプションを提供しており、米国トレーダーはこれを歓迎している。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.