ビットコイン注目ニュース:マイクロソフト社がビットコイン対応に、米当局はビットコイン取引所に罰金

by Forex Magnates at 15 December, 2014 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

BTC/ Source: dcmagnates.com 

マイクロソフト社、Bitpay経由でビットコインを受け入れる

世界屈指のテクノロジーブランド、マイクロソフト社は同社ウェブサイトに新しい支払い方法を追加した。同社は支払いページににて、マイクロソフト口座にビットコインを追加する予定である事を知らせた。このビットコインはWindows、Widows Phone、Xboxシステムのアプリ、ゲーム、動画の購入に使用する事が出来る。

詳細はこちら

オランダのプロバイダー、ルーマニアに進出で欧州拡大

アムステルダムのビットコイン・ペイメントソリューション・プロバイダーのCoinzone社は、最近2社と提携し、ルーマニアにおけるビットコイン導入のメリットが期待されている。この新規パートナーシップは、新興国の小売業者の開発を支援する。

詳細はこちら

ドイツのビットコインRegulator Strikes in Germany–Bitcoins Halted

電子通貨専用ニュースサイトCoindeskは、ユーザーから人気を集めるビットコイン取引サービス『LocalBitcoins』がドイツでサービスを一時停止した事を報じた。この内容によれば、ドイツ連邦金融監督庁(Bafin)が同プロバイダーに連絡をしたそうだ。

詳細はこちら

米SEC、未登録ビットコイン取引所に重圧

全米証券取引委員会(SEC)はカリフォルニア州のEthan Burnsideに対し、証券法違反につき58,387.07ドルの罰金を課した。Burnsideは、LTC-Global Virtual Stock Exchange、BTC Virtual Stock Exchange、LTC-Miningの取引所で無登録で証券取引を提供していたとされている。

詳細はこちら

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!
■フォレックス・マグネイト日本版の最新記事をfacebookでチェック





コメントはまだありません.