米インターコンチネンタル取引所、11月FX日次平均4.5%減、来年はシンガポール進出

by Forex Magnates at 4 December, 2014 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

logo_ice 米インターコンチネンタル取引所(ICE)は11月の取引高を発表した。同月のFX取引高は前年同月比では目覚ましい増加を示したが、前月比では穏やかな減少を見せた。

 米ドルインデックスとFXの先物、オプションを含む全FX取引の日次平均取引高は42,000枚で、前年同月比74%増加、前月比(44,000枚)では4.5%減少であった。

 また、取引高発表の同日、ICEグループは、シンガポール金融管理局(MAS:Monetary Authority of Singapore)の最終承認の下、来年3月17日にオペレーションを開始するICE Futures SingaporeとICE Clear Singaporeで下記5種の先物取引の取引と精算を行う事も発表した。

  • Mini ICE Brent Crude
  • One-kilo Gold
  • Chinese Cotton No.1
  • Chinese White Sugar
  • Chinese Renminbi

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.