“最高の執行力”を語るインタラクティブ・ブローカーズ社、11月顧客残高570億ドル超え

by Forex Magnates at 2 December, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 米マルチアセットブローカーのインタラクティブ・ブローカーズ社は、11月の実績を発表した。10月のボラティリティ急増から取引高回復を見せ、顧客の預かり金も増加したが、1取引当たりの収益は10月から減少した。

11月実績ハイライト
  • DARTs(収益を伴う約定もしくは取引の1日あたり件数)は前月比15%減少、前年同月比13%増加。
  • 顧客残高は573億ドル、前月比3%増加、前年同月比28%増加。

 インタラクティブ・ブローカーズ社はリテールと法人の両顧客に優れたサービスを提供しており、取引収益では最大の米国電子ブローカーである。電子取引ソリューションをうまく活用しており、最近のプレゼンテーションでは従業員一人当たり120万ドルの収益を生み出している。同社の272,000人の顧客の42%は米国在住で、27%は欧州である。また、ドイツには同社の主要IBが多く存在し、同社の取引ソフトウェアやグローバル取引所への接続性を広めている。

 同社は米国でリテールFX顧客利益率が最も高い事でも知られている。NFAが開示した今年第3四半期の顧客利益率データによると、同社の利益率は46.9%であった。これについて同社は11月の投資家向けプレゼンテーションで「各業者最高の執行力を提供していると言っていますが、“最高”を名乗れるのはだた一社だけ、つまり当社だけです。」とコメントした。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.