3億での売却が噂されるKCG Hotspot FX部門、11月取引高4%の微減

by Forex Magnates at 1 December, 2014 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

kcg 大手ECNのKCGホールディングスは11月の取引高を発表した。KCG Hotspotの日次平均取引高は328億ドルで前月から減少を示した。また、月間総取引高は約6,550億ドルであった。

 前月と比較すると11月の日次平均取引高は4%減少、総取引高は17%減少であった。この減少は11月の取引日数が20日で前月より3日少ない事が一部起因していた。また、サンクスギビング休暇によるアクティビティ減少も要因の一つであった。

 主要通貨ペアにおけるボラティリティは11月中活発さを保っているが、我々は他の主要ECNからも同様の軽度な取引高減少が報告されるのではないかと予想している。一方、日本円は2007年以来の安値を記録している為、日系ブローカーによって取引高の新記録がを報告する可能性は高まっている。

 KCGホールディングスは取引高減少を示したものの、3ヵ月連続で日次平均取引高が300億ドル超えをマークしている。同社は四半期報告でHotspot FX部門を売却する意向を発表しており、噂では提示価格が3億ドルとされている。

KCG_Hotspot_November

KCG Hotspot日次平均取引高(シングルカウント)

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.