速報:ニュージーランド当局、新規制フェーズ2突入、新しい時代の幕開けか?

FMA Logo ニュージーランド金融市場庁(FMA)が、資本市場と金融サービス規制の新しい時代の先駆けとなるフェーズ2を12月1日に施行する。

 フェーズ1は今年4月に施行され、当時フォレックス・マグネイトではブローカーのニュージーランド撤退の予兆を記事で取り上げた。このフェーズ1では、海外ブローカーを立ち退かせる規制環境を強調していた。

 とりわけ、フェーズ2ではライセンス提供について焦点が当てられ、数百ものビジネスに影響を与え、ニューニーランドにおける金融商品の開示情報に大きな変更をもたらす。

robeverett

FMA CEO
Rob Everett氏

 FMAのCEO、Rob Everett氏はこの規制に関する最近の声明の中で「ニュージーランドは世界で最も最新の市場規制の一部を有しています。月曜日に施行されるこの規制は金融専門家、ビジネス、法律顧問、監査機関の幅広い支持を得ています。業者はこの新しい規制に着々と対応しています。実際、既に投資家や顧客にその結果が示されているケースもあります。ニュージーランドは首尾一貫したアプローチをとっており、規制が全体として実行されてこそ機能するものであると認識しています。また、協調的アプローチでもあり、多大な必要のないコストを課さずに結果をもたらすよう設計されています。」と述べた。

 FMAの声明によると、FMC Actには下記の重要規定を含む。

  • 金融商品に関する情報開示:負債、エクイティを含む情報を簡潔に記す。FMC Actの下提供される商品に関する全ての重要情報をオンライ上に記載。移行期間はSecurities Act 1978に基づいた対応も可能であるが出来るだけ早く新規制に対応する事。
  • FMAライセンス規制には、登録されたスキーム(マネージド投資スキーム)のマネージャー、デリバティブ業者、登録されたスキームの独立受託業者、投資マネージメントサービス(DIMS:discretionary investment managements services)も該当する。

 この移行により、何百もの企業や市場参加者が向こう24か月間に新ライセンスへ取り組む事が予測され、11,000以上の企業や事業体がFMAの管轄に入る事になるだろう。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.