先週のハイライト:ロンドンから多くのイノベーションが発信、ドバイブローカーがFCAライセンス取得目指す

イノベーションが溢れた1週間

Deal with Bullish Market 先週の一大イベントは、業界から1,000人以上のプロフェッショナル達が一同に会したフォレックス・マグネイトロンドンサミット2014である。この2日間に渡るイベントでは、展示、パネルディスカッション、ネットワーキングが行われた。

 初日注目のセッションは『イノベーション・ステージ』であった。このステージでは、確立された企業による新商品紹介、そしてスタートアップ企業によるプレゼンテーションであった。このプレゼンテーションではFXCM社やインテグラル社等の業界大手企業のCEO達が審査員として並んだ。

 デンマークのTradimoグループが提供する『Tradimo play』は、ゲームと教育が組み合わせ新規顧客を呼び込むアプリである。このイノベーション・ステージで最も審査員の票を獲得し優勝した。同社はプレゼンテーションの中で、契約ブローカー第1号がDMM FXオーストラリア社である事を発表した。

詳細はこちら

フォレックス・マグネイトアワード、受賞企業発表

 ロンドンサミット2日目最終日は、フォレックス・マグネイトアワードの授賞式で締めくくられた。業界人から選ばれた各部門の最優秀企業は下記の通り。

  • ベスト・ソーシャルトレーディング・ネットワーク賞:Myfxbook
  • ベスト・リクイディティ・プロバイダー賞:CFH Clearing
  • ベスト・教育ツール賞:FXSTREET Learning Center
  • ベスト・バイナリーサービス・プロバイダー賞:TRADOLOGIC
  • ベスト・バイナリーオプション・ブローカー賞:24option
  • ベスト・コネクティビティプロバイダー賞:OneZero
  • ベスト・モバイルプラットフォーム・ソリューション賞:Tradable
  • ベスト・ホワイトラベル・トレーディングプラットフォーム賞:メタトレーダー
  • 最も革新的な金融商品賞:TRADIMO
  • ベスト・FXブローカー賞:サクソバンク

詳細はこちら

ドバイのFortress Prime社、英FCAライセンス取得目指す

Fortress_Prime 9月に設立した中東のプライム・ブローカレッジのFortress Prime社は、英金融行為監督機構(FCA)のライセンス取得に向け取り組んでいる事を発表した。同社は、Fortress Investments社(Fortress Capital Investments PJSCの完全子会社)のグループ会社である。

 Fortress Investments社の主要株主はアブダビのロイヤルファミリーである。Fortress Prime社はMitch Eaglstein氏によって運営されている。

詳細はこちら

サクソバンク、社債発行で4,250万ユーロ集め、資本比率引き上げる

saxo サクソバンクはアイルランド証券取引所上場の社債を発行し4,250万ユーロ(5,400万ドル)を集めた。これにより、同社の規制資本比率は17.5%になり、CRR(欧州自己資本規則)/CRD(資本要求指令)規則で定められている12.4%を十分クリアしている。

 同社のグループチーフ金融・リスクオフィサーのSteen Blaafalk氏は、「サクソバンクは次なる資本要件を満たすチャンスを掴みました。これは当社の野心的な目標達成を後押しし、当社の市場地位をさらに高めます」と述べた。今年の第3四半期プロフォーマでは、同社のティア1資本比率は17.5%になり、CRR/CRD規則で定められている12.4%を十分クリアしている。

詳細はこちら

キプロス当局、3項目に渡る違反疑惑でEZTrader社のライセンス停止

 キプロス証券取引委員会(CySec)は、同国の投資サービスおよび行動の規制市場の法令に準じ、キプロス投資業者、WGM Services社のライセンス(番号:203/13)を停止処分した事を発表した。

 具体的にどのような違反があったのかは開示されていない。しかし、CySecは、同社が顧客資金、顧客資金の保護、自己資本比率、リスク過多について違反の疑いがあり、同社顧客とこの資本市場に与えうる危害を考慮した上で、今回のライセンス停止の結論に至った。

詳しくはこちら

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.