キプロス当局、3項目に渡る法令違反の疑いにより投資業者のライセンス停止

by Forex Magnates at 21 November, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外業者 | 海外総合

CySEC キプロス証券取引委員会(CySec)は、同国の投資サービスおよび行動の規制市場の法令に準じ、キプロス投資業者、WGM Services社のライセンス(番号:203/13)を停止処分した事を発表した。

 CySecが本件について唯一説明した内容は、法令の下記3つのセクションについて同社に違反行為があったとされている。
1.オペレーション上の要件:顧客資金、顧客資金の保護
2.自己資金:投資業者の自己資本比率
3.リスク過多

 具体的にどのような違反があったのかは開示されていない。しかし、CySecは違反の疑いのある上記行為が同社顧客とこの資本市場に与えうる危害を考慮した上で、今回のライセンス停止の結論に至った。

EZTrader logo バイナリーオプションブローカーのEZTrader社は2008年に設立された、WGM Services社の主力ブランドである。EZTrader社は、GlobalOption.com、EZInvest.com、そして中国市場に特化した888binary.comを所有し運営している。

 CySecはEZTrader社(WGM Servicesグループ)に、法令に準拠する為の措置期間として15日間与えた。このライセンス停止命令により、WGM Services社は投資サービスおよび活動を実行または提供する事ができない。顧客の要望があれば全てのオープンポジションを決済しなければならず、全ての資金と獲得した利益を顧客に返還しなければならない。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.