フォレックス・マグネイトロンドンサミット開幕!イノベーションステージではベテラン5社が披露

by Forex Magnates at 19 November, 2014 カテゴリ: イベント | 取引システム | 海外イベント | 海外取引システム | 海外総合

panel フォレックス・マグネイトロンドンサミット2014が遂に開幕した。

 初日のイノベーションパネルでは、FX・金融界のベテラン業者5社がそれぞれのビジネスについてプレゼンテーションを行った。

Divisa Capital社

mush 英FCAの認可を受けているロンドンのDivisa UK社は、業界にキープレイヤーであるMushegh Tovmasyan氏がCEOを務める。

 同社はインターバンクマーケットから幅広い顧客にまで特注レートとリクイディティの両方を提供している。同社のマネー・サービスでは、ブローカーや企業がインターバンクレートを使用した有形通貨の交換が可能となる。

 パネルではTovmasvan氏が「MT4のグローバルFX業界では基準通貨として米ドルが使用されている。当社のマネーサービスは新しい革命的なサービスの一つで、12種以上の通貨を扱うオンライン・バンキングモデルです。」と語った。

goldi

Gold-i社

 取引システムの統合を専門とするGold-i社は、リスク管理を備えMT4を活用した革命的な商品をブローカーに提供しており、業界でその地位を確立している。

 同社はハイブリットなA/Bブックブローカーを対象をし、急速に世界進出をしてきた。同社新商品は、非効率さを排除したBブック最適化に特化している。同社CEOのTom Higgins氏が今年初めにフォレックス・マグネイトのインタビューで、「同社チームは90%がエンジニアで10%がセールスとなっており、競合が追い付けないほどの高い柔軟性を有している為、顧客のニーズに応じてカスタマイズできるサービスを提供しています。」と述べた。

fx

FX Transparency社

 FX Transparency社は米国っと英国にオフィスを構える多国籍企業である。同社は公平な分析サービスを提供している。

 特に、同社が提供する完全に独立し統計学上算出された取引コスト分析(TCA)サービスは、リテールブローカーの間で拡大している。

jfd

JFD Prime社

 JDF社は9種のアセットクラスを取扱い、事実上金融業界全体にFX、貴金属、CFD(現物/先物株式指数、US/EU/APAC株、コモディティ、債券、EFT等)の全主要リクイディティソースへの透明性のあるポストトレードのアクセスを提供している。

 同社のMT4 Plusソリューションはマネーマネージャー、ブローカーに提供されており、そのユニークなインターフェースは、欧州市場のMT4リテールブローカーに必要なものが全て揃っている。

yoni

Tradesmarter

 TradeSmarter社はB2B向けのバイナリーオプションプラットフォームをフルターンキーソリューションで提供している。同プラットフォームはホワイトラベル顧客の必要に応じてカスタマイズする事が可能である。同社は欧州、オーストラリア、中東、アジア等世界中に顧客を抱える。

 イノベーション・パネルで同社CEOのYoni Avital氏は「この業界には透明性が欠けています。多くの人が取引条件の見つけ方を知らず、外からは全てが良くみえても、実際MT4ブローカーが溢れる中でどのように自社を差別化するか等の問題があります。『Get Smarter(より賢く)』が当社の姿勢で、顧客を後押しするスマートなボーナスやリワードのチャンスを提供します。」と語った。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.