KCG Hotspot社、10月FX取引高前月比10.2%減少

by Forex Magnates at 18 November, 2014 カテゴリ: その他 | 海外その他 | 海外総合

kcg KCGホールディングスは、10月の取引高を発表した。同グループのFX事業であるKCG Hotspot社の日次平均取引高は343億ドルで、前月の382億ドルから10.2%減少した。

 KCG社の米エクイティマーケットメイキング日次平均取引高は349億ドルで9月の271億ドルから好調さを保ち、日次平均の株取引は54億株、日次取引量は440万枚であった。

 KCGの米エクイティ部門電子執行取引は日次平均3億5,490万株、また債券取引プラットフォームのBondPointの日次平均取引は1億2,600万取引であった。

 11月はマーケットボラティリティが続いており、証券市場は週ベースで高値をマークし続けている。日本円は10月末の日銀による追加緩和後円安が進み、英ポンドは、イングランド銀行が国内のインフレ率が今後鈍化する可能性が高いと予測した事から、対ドルで一時大幅に安値となった。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.