ロシア市場の衰退、アルパリロシア社の10月取引高わずか3.5%増

by Forex Magnates at 14 November, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

Russian Market Weak as Alpari Russia Reports Volumes up Merely 3.5%

alpari logo アルパリロシア社から発表されたデータによると、同社10月の取引高は業界全体で取引高の増加が見られた前月に比べ僅かに3.5%増加した。ロシア経済全体の弱さは、平均的消費者を圧迫し始めている。

 10月の同社取引高は1,080億ドルでこの数値は堅実であるが、他社の大手ブローカーの増加率はさらに高いものであった。

 同社は提供商品の拡大を引き続き行っており、先日バイナリーオプション取引の『fx.option口座』にEUR/GBP、USD/CAD、USD/RUBを含む新規7通貨ペアを追加した。

 欧州連合によるロシアへの制裁発動、そして食糧価格の高騰を招いたロシア政府による報復後、ロシア国民の購買力がこの数ヵ月で大幅に下がっている事から、ロシア市場における控えめなアクティビティは驚くべき事ではない。

 ロシア銀行は公開市場オペレーションでロシアルーブルを守る取り組みをやめざるを得なくなった。その代わりにルーブルの流動性を限定し、今月末までの間、銀行のFXスワップ取引の規模を一日最大わずか20億ドルに縮小する事で同通貨を安定させる措置を講じた。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.