ゲイン・キャピタル社、Q3リテール取引高16%増加、法人ビジネスも好調

by Forex Magnates at 7 November, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

GAIN ゲイン・キャピタル社は9月30日締めの第3四半期実績を発表、取引高に顕著な増加が見られた。

2014年第3四半期実績
  • 純収益は1億370万ドル、前四半期比49%増加、前年同四半期の6,080万ドルから71%増加
  • 純利益は1,530万ドル(前年同四半期560万ドル)、希薄化後一株当たり利益は0.33ドル(前年同四半期0.14ドル)
  • 調整後EBITDAは2,750万ドル(前年同四半期1,210万ドル)
  • リテールOTC取引高は6,054億ドル、前四半期の5,222億ドルから16%増加、前年同四半期の3,948億ドルから53%増加。非FX商品拡大の取り組みにより、リテールOTC取引高の27%がFX以外の取引で、CFD、株式、インデックス、コモディティは前年同四半期から13%増加。
  • リテールOTC取引ビジネスの収益は6,400万ドル、同四半期のFXと株式のボラティリティが後押しし、前年同四半期の5,090万ドルから26%増加
  • 法人取引高は1.2兆ドル、前年同四半期の0.9兆ドルから31%増加
  • 日次平均先物取引は26,736枚、前年同四半期の19,204枚から39%増加
  • リテールOTC顧客資産は6億4,130万ドル、前年同四半期比15%増加
  • リテールOTCの残高保持口座は120,778口座で、前年同四半期比2%増加
  • 総リテール顧客資産は8億4,970万ドル、前年同四半期の6億8,410万ドルから24%増加
  • 法人ビジネスの収益は2,270万ドル、前年同四半期の700万ドルから224%増加
  • 総法人取引高は1.2兆ドル、前年同四半期の9,013億ドルから31%増加
  • GTXプラットフォームの取引高は1.1兆ドル、前年同四半期の8,897億ドルから22%増加
  • 第3四半期に買収を完了したGalvan Research社の収益は230万ドル(コミッション収益に分類)

 ゲイン・キャピタル社CEOのStevens氏はこの実績について下記のコメントをした。
「第3四半期の実績は、当社の本質的な取り組みと買収を通して成長戦略を遂行できる力を強調しています。同四半期中、私達はリテールOTCビジネスの商品と地域的拡大に取り組んでまいりました。また、当社のコミッションベースのビジネスは、前年同四半期比で純利益と調整後EBITDAが倍以上成長するという目覚ましい伸びを見せました。このコミッションベースのビジネスの収益は3,500万ドルで前年から約3倍に成長し、合計純収益の34%を占めています。この割合は前年同四半期では21%でした。収益増加はGFT社と経費削減に集中して取り組んだ事が功を奏し、これにより営業利益を大幅拡大へと繋がりました。

 当社はさらなるビジネス拡大と効果的にこの業界で競争するのに最高のポジションにいると確信しています。特に、拡大する当社のグローバル顧客、提供商品の豊富さ、買収にかかる統合を成功させるノウハウは、マーケットで力強い地位を確固たるものにする魅力的なプラットフォームを提供します。」

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.