マネックス社に続き、YJFX社もMT4サービス終了へ

yjfx フォレックス・マグネイト東京サミット2014で、ベスト・FXブローカー賞を受賞したYJFX社は、先週金曜日、同社が提供するMT4サービスを来年3月13日で終了する旨を発表した。MT4口座における資産およびポジションは同社の「外貨ex」口座に移管される予定である。

 今年9月、YJFX社の競合である大手マネックス社もMT4口座提供終了を発表しており、新たに導入したtradable社プラットフォーム等の差別化された商品に注力していく方針である。マネックス社が、日系ブローカーによるMT4提供終了のトレンドの発端となっているようで、さらに多くのブローカーがYJFX社に続くと、日本はリテールFX市場におけるMT4優勢の時代を塗り替える最初のマーケットとなるかもしれない。

 2012年にヤフー株式会社に買収されたサイバーエージェントFX社は、後にYJFX社として再ブランド化した。MT4は買収前のサイバーエージェントFX時代からあるサービスであった。しかし、伝えられるところによれば、MT4は同社のFXビジネス全体の僅かな割合しか占めておらず、サイバーエージェントFX社の主力商品でもなかった。

 YJFX社はヤフー株式会社が提供する様々な金融モバイルアプリとFX取引を引き続き統合していく計画である。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.