ビットコイン取引の復活:IG Markets社、多様化したビットコインBOで再挑戦

IG Markets Classic Bitcoin Binary Options

スプリント型ビットコインBO

 IG Markets社は、昨年4月、ビットコインのバイナリーオプション取引をローンチした初のオンラインFX・CFDブローカーとして注目された。しかし同社はその1ヵ月後、ビットコイン取引を最初に終了したブローカーとし再び注目を浴びた。

 そして今回、IG Markets社は再びビットコインのバイナリーオプションを27日に復活させた。同社のTwitterから、スプリント型とラダー型のバイナリーオプションでビットコイン取引を提供するという発表が配信された。IG Marktes社がいうスプリントとは、従来の標準的なバイナリーオプションの事で、顧客が取引銘柄の価格が現在のマーケットプライスよりも高くもしくは低く終わるかを賭ける。また、予想が当たった場合のペイアウトは固定されている。

 そしてラダーバイナリーオプションは、日、週、月単位の満期期間で、複数のイン/アウト・オブ・ザ・マネーのプライスポイントを提供し、顧客はビットコイン価格が権利行使価格を上回るかもしくは下回るのかを予想する。複数の期間や権利行使価格がある事から、ラダーオプションは従来の取引所取引エクイティオプションにより似ている。ラダーオプションと従来のオプションの主な違いは、ペイアウトが固定制か変動制かという点である。

 IG Markets社はバイナリーオプション再ローンチにより、標準型とラダー型のバイナリーオプションの両方、そして複数の権利行使価格と期間を提供する事で、公平かつ強固な多様性に富んだビットコイン取引商品を展開する。ビットコイン商品を提供するバイナリーオプションブローカーの間では、一般的に標準型かラダー型のどちらかのオプションに限定している事が多く、満期期間や権利行使価格の選択肢も少ない。従って、私達は、今回IG Markets社が提供するビットコイン商品の多様性は、より長く同商品を生き残らせるものであると確信している。

IG Markets Ladder Style Bitcoin Binary Options

ラダー型ビットコインBO

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.