先週のハイライト:MT4の新サービスとは?アーセナルFCと提携したのは?収益急増ブローカーは?

メタクオーツ社、低コストVPSサービス開始、そしてサーバー攻撃

mt4 メタクオーツ社が5月に開催されたiFXEXPOでベータ版を発表したメタトレーダー4用VPSサービスが、先週正式にローンチした。これはMT4のビルド735の一部で、ユーザーは自分達のアカウントナビゲーター画面から直接仮想サーバーに登録する事が出来る。このサービスは、この一年、FXとバイナリーオプション界で存在感を増しているWebzillaのインフラを採用している。

 この最新ビルドとは別件で、フォレックス・マグネイトは先週金曜日、一ユーザーによるサーバー攻撃で複数のブローカーのMT4サーバーが深刻は被害を被るニュースを取り上げた。MT4の技術専門家達はこの問題はサーバーが十分に管理されていたら避けられていたはずであったとコメントした。

Plus500社、力強い第3四半期実績、株価9%上昇

plus500_logo_extended ロンドン証券取引所に上場するPlus500社は、第3四半期の実績を発表した。同四半期の収益は前四半期から23.5%増加し5,620万ドル、今年1月から9月までの総収益は1億6,240万ドルで前年比151%の増加であった。

 特筆すべき事項は、顧客1人当たりの獲得コストが1,005ドルを維持しており、顧客一人当たりの平均収益は10%増加し1,290ドルであった事である。発表内容によると、同社はマーケティング費を維持すると同時に、より価値の高い顧客を引き付ける特別なキャンペーンを行う事に尽力しているという。第3四半期中に獲得した新規顧客は14,850人で、前年同四半期および前四半期比17%増加した。

arsenal

Markets.com社、アーセナルFCと提携、中国市場に焦点

 アーセナル・フットボールクラブがMarkets.com社をオフィシャルトレーディングパートナーとして選んだ。同社はこの有名なアーセナルの名声を利用し、中国とアジアに焦点を置きながら様々な市場での認知度向上を狙っている。

オーストラリアでの大きな動き

FXTG Australia 大規模な構造改革とオペレーション整備後、新しいFXTG オーストラリア社が誕生した。同社CEOのStavro D’Amore氏は同社の未来図についてフォレックス・マグネイトの独占インタビューに応えた。

 また、オーストラリア繋がりだと、DMM FXオーストラリア社がAUD/USD、EUR/USD、USD/JPYを含む全29通貨ペアにて『Ultra-Low Fixed Spreads(超低固定スプレッド)』というサービスを提供する事を発表した。同社の今回の動きは、FXCM社がこの1週間前に発表した取引コストを50%削減する生スプレッドモデルへの切り替えに対する反応であると見られざるを得ない。

バイナリーオプションはギャンブルかトレーディングか?それとも両方か

TradingorGambling イギリス海峡のチャンネル諸島に位置するイギリス王室属領のオールダニー島とガーンジー島は、これはオールダニー島の賭博規制当局とガーンジー島の金融規制当局間の契約の下、スプレッドベッティング、CFD、バイナリーブローカー向けのギャンブルと金融のジョイントライセンスの提供に踏み切った。

 この新しいコラボレーションは、マン島とジャージー島と同様に、この2つの島が金融取引業界にとって新たな寛容な目的地となる事を意味する。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.