GMOクリックホールディングス2015年3月期Q2決算:収益、前年比5%減だが、9月取引高急伸により前期比では倍

by Forex Magnates at 27 October, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

GMO_Click_logo GMOクリックホールディングス社は、平成27年3月期第2四半期(平成26年4月1日-9月30日)の連結業績を発表した。純営業収益は9,780百万円で前年比5.1%減少したが、前四半期の4,540百万円からは倍以上の伸びを見せた。

 同社の第1四半期取引高は低迷していたが、第2四半期に入り取引高が急増したため、当然収益もこれに比例して伸びた。

 同社は、7月の取引高前月比10%減少後、8月は6ヵ月ぶりの増加を示し、その勢いで9月は前月比約80%という目覚ましい伸びを見せ90兆円を記録した。これは2013年7月以来の快挙であった。

 経常利益は2,678百万円で前四半期から倍以上の増加、前年同四半期比では横ばい。1株当たり四半期純利益は102.10円であった。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.