速報:Plus500社、収益前年比23%アップし56.2百万ドル、顧客獲得単価は維持

by Forex Magnates at 22 October, 2014 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

Plus 500 logo ロンドン証券取引所に上場するPlus500社は、第3四半期の実績を発表した。同四半期の収益は前四半期から23.5%増加し5,620万ドル、今年1月から9月までの総収益は1億6,240万ドルで前年比151%の増加であった。

 第3四半期中に獲得した新規顧客は14,850人で、前年同四半期および前四半期比17%増加した。

 特筆すべき事項は、顧客1人当たりの獲得コストが1,005ドルを維持しており、顧客一人当たりの平均収益は10%増加し1,290ドルであった事である。発表内容によると、同社はマーケティング費を維持すると同時に、より価値の高い顧客を引き付ける特別なキャンペーンを行う事に尽力しているという。

 この数値は、フォレックス・マグネイトが同社の第2四半期中間発表を分析した際に立てた、より価値の高い顧客をターゲットにし出したのではないかという仮説を裏付けた。
 
 また、発表によると、取引の大半がUKと西ヨーロッパからであり、UKからの収益は全体の15%を占め、UKと西ヨーロッパ(フランス、ドイツ)の収益を合わせると全体の70%に及んだ。そして収益全体の94%が、規制された市場から生み出されている。

 今年1月から9月末までの間、同社は合計300の取引銘柄を追加し、一部の人気取引銘柄のスプレッドをさらに優位なレベルまで引き下げた。現在FTSE100インデックスは0.88pips、GBP/USDとEUR/USDは1pip、石油は3pipsで提供している。

 同社は年末には収益と利益の両方が、現在の市場の期待を上回る事を予測している。

 同社CEOのGal Haber氏は「マーケットのアクティビティが世界的に活発になった事で、当社収益が昨年の約3倍、ユーザー一人当たりの平均収益が2倍以上になるという目覚ましい成長を遂げれた事を非常に嬉しく思っています。第4四半期に入りさらに勢いは増し、当社の直感的なマーケティング技術が引き続き高い価値のある顧客を魅了し続け、2014年はマーケットの予想を上回る結果を出すものと確信しています。」と述べた。

plus500_q3_2014

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。





コメントはまだありません.