先週のハイライト:オーストラリアで禁止令を出されたのは?損失を出しているトレーダーの割合は?

豪ASIC、Monarch FX社とQuinten Hunterに一時禁止措置
Quinten Hunter, General Manager, Monarch FX Group

Monarch FX社
Quinten Hunter氏

 オーストラリア証券投資委員会(ASIC)はオーストラリア連邦裁判所でMonarch FX社(Monarch FX Group Pty Ltd)に対する訴訟手続きを開始した。ASICは、Monarch FX社と同社ディレクターおよび現ジェネラルマネージャーのQuinten Hunter氏に、審理が再開する11月まで金融サービスの提供の一時禁止を命じた。同社はFXTGの認可済み代理店として営業していたが、認可は本件の発表により無効となった。

 Hunter氏は、以前プロのビリヤードプレイヤーであり、11年のキャリアを持ち世界一流のトーナメントにも出場している。彼が稼いだ賞金金額は80万ドルと推定される。ビリヤード界では『オズの魔法使い』というニックネームで知られていたHanter氏は、八百長が理由で8年間の禁止令が出され2006年にそのキャリアの幕を閉じた。

FXCM社、日本、米国に続きオーストラリア、UKでも生スプレッド制導入

fxcm 世界屈指のリテールブローカーFXCM社は、オーストラリア社でも、リクイディティプロバイダーから受けとった生のスプレッドを同社プラットフォームで表示させるプライシングモデルを導入する事を発表した。このスプレッド縮小構造は、各取引について別途手数料が課金される仕組みである。手数料ベースの仕組みへ変更するこの動きは、顧客が生のスプレッドを好み、別途手数料を支払うという業界のトレンドを反映している。

 さらに、FXCM UK社は新しいリテールFXプライシングモデルも開始した。FXCM社曰く、取引コストはこれまでの典型的なスプレッドと比較して最大50%削減されるという。FXCM社に導入されたこの新しいプライシングモデルは、全ての主要通貨ペアにおいて2pips以上ものスプレッド削減につながると同社は述べた。

LCG社、新会長、市場シェア拡大計画の詳細語る
Charles Henri Sabet, Executive Chairman, LCG Holdings

LCG社Charles Henri氏

 ロンドンキャピタルグループホールディングス(LCG社)は、人事改革後数多くの変更を施してきた。2008年8月のIPO以来、同社の株価と市場シェアは着実に減少している。

 7月半ば、LCG社は市場価値を失い準備金を使い果たした為、新しい戦略的投資家である業界のベテラン、Charles-Henri Sabets氏が同社に相当な額の資本を投資し後に会長となった。フォレックス・マグネイトは同会長とセールス&トレーディングの新責任者となったFrancois Nembrini氏に、LCG社が焦点を当てている新しいマーケットについて独占インタビューを行った。

Plus500社、キプロスライセンス取得

plus500_logo_extended ロンドン証券取引所に上場する金融デリバティブマルチアセットプロバイダーのPlus500社はCySECから認可済み投資業者として営業するライセンスを取得した。Map S.Platis社のコンサルティング支援が功を奏した。この新ライセンス取得により同社は欧州のシェアを拡大する。

 Plus500社はFXとCFD取引を世界中の顧客に提供しており、同社のウェブサイトは全部で34か国語に翻訳されている。CySECのライセンスを取得した同社は、ニッチ市場を持つキプロス業者と同じ土俵に立つ事になる。今回のライセンス取得は、CySECが同社に対してキプロスで未認可である事を警告してから5年後の事であった。

フランス当局AMF、4年間の調査結果発表

france フランス当局AMFの独自の調査によると、フランスのFXおよびCFDトレーダーの10人の内9人は純損失を出しているという。この結果は同取引商品において初めて出された包括的評価であった。

 さらに、2009年から2012年の4年以上に渡るこの調査の結果、損失を被った投資家の割合は89%に及んだ。同期間中の顧客の平均損失は13,800ドル(10,900ユーロ)であった。

 この4年間で損失を被った顧客の総数は13,224人で損失合計は約2億2,000万ドル(1億7,500万ユーロ)、残りの1,575人の顧客は利益を出しており、その合計金額は1,751万ドル(1,380万ユーロ)であった。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.