eToro社、ボラティリティ増大の人民元とロシアルーブル取引開始

etoro logo eToro社は、月曜日、人民元のライブ取引を開始する。また、同日、ロシアルーブル取引も共にローンチされる。同社によると、この2通貨の追加は、ユーザーから変動の激しい通貨に対する需要が継続的にある事を示しているという。特に、ロシアルーブルは今年最もアクティブな通貨の一つであり、USD/RUBペアは7月の安値から最近の40.72まで20%も上昇している。

 今年初め、フォレックス・マグネイトはビットコインが2014年版人民元のポジションにきたという記事を取り上げた。2013年中、中国が証券会社に注目商品だとして売り込んでいた事から、人民元を導入する業者の急増を目にした。2014年、ビットコインはこの人民元と同じ状況にある。eToro社の場合、今年初めのビットコイン取引導入の後に人民元取引が導入された。eToro社では、2014年に口座増加が見られた地域は中国とロシアである。現地通貨の取引提供が同国のマーケティングを後押ししている。

 20日に取引開始が予定されており、この2通貨は変動スプレッドで提供される。同社が提供するFX通貨ペアで固定スプレッドでないのはこの2通貨だけである。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.