マネックスグループの米部門、IBFX社、トレードステーションの法人向けの新FXサービスを開始

tradestation_logo マネックスグループの米国部門であるIBFX社のTradeStation Forex社は、プロの富裕層顧客をターゲットとした新しいFX商品を発表した。この新商品であるIfxは法人投資家に銀行の法人レベルと非銀行系マーケットリクイディティと共に高度なTradeStation機能一式を提供する。

 同社は顧客の注文が、最小の市場インパクトでフィルされるのを確実にする事が出来るスマート・オーダー・ルーティング・テクノロジーを使用する。その他の主な特徴には、コローケーション、ウェブAPI統合、FIX API統合、アルゴリズム執行が含まれる。

 TradeStationは様々なタイプの投資家に対応した3種のFX商品を導入する。TradeStation Ifxは44種の通貨ペア、Active Trader Programを提供している同社のリテールFX取引サービスを追加し、各レベルで個人と法人顧客それぞれのソリューションを提供するようになった為、これは同社の重要な開発となった。

 TradeStation Forex社社長のGary Weiss氏は声明の中で「TradeStation Ifxは、プロと富裕層通貨トレーダーに、高度な取引テクノロジーと広く・深いリクイディティへのアクセスが融合した他にないコンビネーションを提供します。」と説明した。

 今回の新商品は、9月の開発の中で2番目に主要な開発となり、TradeStation社が、中国市場進出に向け中国の国有金融サービス会社である国信証券と戦略的提携を締結した事に続く。

 今年初め、TradeStation社の親会社であるマネックスグループは、トレードステーションプラットフォームを日本韓国で提供し、アジアでの拡大を始めている。

【関連記事】

この記事は英語版のオリジナル記事をWESTERN Inc.が日本向けに編集したものです。

■最新版フォレックス・マグネイト四半期調査報告書販売中!





コメントはまだありません.